>>トップページ >調べ方案内トップ>>調べ方案内の目次「言語」>>語源を調べるには 

■語源を調べるには■

作成者:戸田市立図書館/作成日:平成23年5月14日
ここでは、「この言葉はいつから使われているのだろう?」「この言葉はどういう経緯で今の形になったのだろう?」といった言葉の語源について知りたいとき、活用できる資料を紹介します。
目  次
1.一般的な語源辞典で調べる
2.語源について書かれた一般書・児童書で探す
3.専門の語源辞典で調べる
4.各ジャンルの一般書・児童書で探す
5.各ジャンルの専門辞典で調べる
6.雑誌記事・研究論文を探す

1.一般的な語源辞典で調べる

一般的な「語源辞典」は語源を調べるための入門書です。多くの言葉について、広く浅くその語源を紹介しています。本館2階・参考資料室分類番号[R813.6]の棚に行ってみましょう。
図書館の本には1冊ずつテーマを表す分類番号が付いており、その番号は本の背表紙に貼付されているラベルに記してあります。棚の本はすべて分類番号順に書架に並んでいます。
 ⇒例えば、戸田市立図書館にはこんな辞典があります。
『暮らしのことば新語源辞典』 山口佳紀/編 講談社 2008年

衣・食・住を中心に、日々の暮らしと特に関係の深い語を選び、その語源を解説。主要な語源説には特にわかりやすい解説を加えている。出典の解説もあり。

『語源辞典 名詞編』 草川昇/著 東京堂書店 2003年

日常よく使われる言葉のうち名詞のみ1037語を採録。主要な語源説を中心にわかりやすく解説している。このシリーズはほかに「動物編」「植物編」「形容詞編」がある。

『日本語源大辞典』 前田富祺/監修 小学館 2005年
日本語の語源に関する古来の諸説を集大成した日本最大の語源辞典。基本は『日本国語大辞典』の語源部分のみを抜粋したものだが、網羅的な語源説をただ並べるだけでなく補足説明も加えている。巻末に出典の解説あり。
本館参考資料室にある資料は貸出できません。館内での閲覧のみとなります。
上記以外にも、同じ分類の棚には数種類の語源辞典があります。
▲このページのトップへ戻る

2.語源について書かれた一般書・児童書で探す

戸田市立図書館で所蔵する本を探す
  語源辞典よりも、もう少しやさしい解説が載っている本を見たいという方は「語源」をテーマにした本をご覧ください。ただし、辞典と違って、こちらは収録語が少ない上に探している言葉がすぐに探し出せない可能性があります。辞典の補助資料としてご活用ください。
  ●テーマの棚に行って探す
   
図書館の本には1冊ずつテーマを表す分類番号が付いており、その番号は本の背表紙に貼付されているラベルに記してあります。
また、棚の本はすべて分類番号順に書架に並んでいますので、本を探す際は、以下の分類番号を参考にしてください。
  《語源に関する本を探す際、参考になる分類番号》
   
一般書なら 812 語源 児童書なら 81 ことば
   
  ●OPACで調べる
   
当館所蔵の本は、オンライン目録(OPAC)で探すことができます。
ホームページの「蔵書検索」で探す場合は、図書資料を探す画面から「一般書」、または「児童書」にチェックを入れて検索してください。 検索は漢字表記と読みがな(カタカナ)両方可能です。
検索する際は、「語源」だけでなく、例えば「ことばの語源」「日本語の語源」といったキーワードで検索した方が、より候補をしぼりこむことができます。
また、「語源」のほかにも本を探すためのキーワードには、「ことばの由来」「日本語の起源」「言葉の起源」などがあります。
  ⇒例えば「語源」と「ことば」でand検索(かけあわせて検索)すると、こんな本が候補として出てきます。
   
『ふしぎびっくり語源博物館』 全5巻 江川清/監修 ほるぷ出版 2000年 分類81 本館1階児童書の棚

こども向けの本なので、言葉の語源が絵入りでわかりやすく説明されている。各巻テーマ別「心とからだのことば」「衣食住のことば」「しごと・地名のことば」「動植物・自然のことば」に分冊されている。

上記以外にも、多数の本があります。
and検索が可能なのはホームページの蔵書検索のみです。利用者端末機や携帯用の蔵書検索ではできません。
▲このページのトップへ戻る
戸田市立図書館で所蔵していない本を探す
  戸田市立図書館に所蔵がなくても、埼玉県内にある他の図書館に所蔵があれば、本を借り受けて利用することができます。
  県内所蔵状況を調べる(横断検索を使う)

埼玉県内公共図書館等横断検索

    アドレス

 http://cross.lib.pref.saitama.jp/

調べられること

埼玉県内公共図書館、大学図書館、県施設の蔵書検索を一度にできます。

検索方法 戸田市立図書館のホームページのメニューにある「県内横断検索」を選択し、注意事項を読んだ上でご利用ください。
県内にある各図書館の本を借りる場合は、リクエストカードを記入し、カウンターへお出しください。なお、取寄せには時間がかかります。ご了承ください。また、中には貸し出しできない本もあります。詳しくはカウンターまでお問合せください。
▲このページのトップへ戻る
図書館にない本も含め刊行されている本を探す
  刊行された本を検索する場合は、国立国会図書館の蔵書検索を使うのがオススメです。
  国立国会図書館の蔵書検索を使う

国立国会図書館NDL-OPAC

    アドレス

 http://opac.ndl.go.jp/index.html

調べられること

国立国会図書館で所蔵している資料の検索ができる。

検索方法 「簡易検索窓」に必要事項を入力し「検索」を選択する。
国立国会図書館の本を借り受けるには、いくつかの制約があります。また、ご利用は本館での閲覧のみとなります。詳細は本館2階「レファレンスカウンター」までお尋ねください。

▲このページのトップへ戻る

3.専門の語源辞典で調べる
例えば調べたい言葉が外来語なら「外来語の語源辞典」、漢字なら「漢字の語源辞典」、食べものの名前なら「食べものの語源辞典」を使えば、更に詳しい語源を調べることができます。
 ⇒戸田市立図書館には主に以下の分類に専門の語源辞典があります。
180.4 仏教 290.3 地名
291.03 日本の地名 383.8 食べもの
470.34 植物 813.7 外来語
818 方言 821.2 漢字
◎漢字の語源を調べる場合は…
 ⇒例えば、戸田市立図書館・本館参考資料室にはこんな語源辞典があります。
『人名の漢字語源辞典』 加納喜光/著 東京堂出版 2009年 分類R821.2

使用頻度の高い人名漢字1102字を選び、その漢字の本来の意味・由来・根拠を、漢字の語源・字源にさかのぼって解説。字源を調べる辞典の中では比較的わかりやすい。人名のほか『植物の漢字語源辞典』『動物の漢字語源辞典』がある。

『漢字語源辞典』 藤堂明保/著 学灯社 1979年 分類R821.2

漢字をタイプ別に分類し、グループごとに漢字の成り立ちを解説したもの。画数から引く索引あり。

漢字の語源は大修館書店の『大漢和辞典』[分類R813.2]を使って調べることもできます。
上記以外にも、同じ分類の棚には数種類の漢字語源辞典があります。
本館参考資料室にある資料は貸出できません。館内での閲覧のみとなります。
▲このページのトップへ戻る
4.各ジャンルの一般書・児童書で探す
戸田市立図書館で所蔵する本を探す
  辞典同様、一般書や児童書でも各ジャンルの棚に行けば、ジャンルごとに言葉の由来について書かれた本があります。
調べたい言葉がどのジャンルなのか特定できている場合は、分類を調べ、直接、棚に行って本を探すこともできますが、すべてのジャンルに語源の本があるとは限らないので、まずはOPACで検索して探すことをオススメします。
  ●OPACで調べる
   
当館所蔵の本は、オンライン目録(OPAC)で探すことができます。
ホームページの「蔵書検索」で探す場合は、図書資料を探す画面から「一般書」、または「児童書」にチェックを入れて検索してください。 検索は漢字表記と読みがな(カタカナ)両方可能です。
検索する際は、「語源」「由来」「起源」と、各ジャンル名、例えば「漢字」「外来語」「食べもの」といったキーワードを組み合わせて検索すると、より候補をしぼりこむことができます。
  例えば「漢字」と「起源」でand検索すると、こんな本が候補として出てきます。
   
『漢字の起源』 加藤明保/著 講談社 2006年 分類821.2 本館1階文庫の棚

150以上の漢字について、その起源と成立を図解。収録語数は少ないが、1つ1つを丁寧に解説しているので辞典よりもわかりやすい。

上記以外にも多数の本があります。
and検索が可能なのはホームページの蔵書検索のみです。利用者端末機や携帯用の蔵書検索ではできません。
▲このページのトップへ戻る
戸田市立図書館にない本を探す場合は、「2.語源について書かれた一般書・児童書を探す」の「戸田市立図書館で所蔵していない資料を探す」を参照にしてください。
5.各ジャンルの専門辞典で調べる
タイトルに「語源」とついていなくても、歴史について言及している辞典、もしくは用語辞典なら、語源について述べている場合があります。また、専門辞典には「参考文献」の紹介があるため、より詳しく知りたい場合の糸口を見つけることもできます。
調べたい言葉がどのジャンルなのか特定できている場合は、分類を調べ、直接、棚に行き、「辞典」で調べてみましょう。
◎例えば「鬼」という言葉の語源を調べる場合
 ※「鬼」について調べる場合は、主に民俗学の棚にある資料を見ます。
 ⇒戸田市立図書館・本館参考資料室にはこんな専門辞典があります。
『日本民俗語大辞典』 石上堅/著 桜楓社 1983年 分類R380.3 

p.273〜「おに」の項に語源説について詳しい説明が載っている。ただし、語源辞典のような網羅的な紹介ではなく、様々な語源説について著者の意見に基づく解説が添えられているのが特徴。

『日本民俗大辞典』 上下巻 福田アジオ/編 吉川弘文館 1999年 分類R380.3

p.271「おに」の項に語源に関する有力説が詳しく紹介されている。意味の変化なども語源辞典にはない深いところまで言及。参考文献も充実している。

本館参考資料室にある資料は貸出できません。館内での閲覧のみとなります。
6.雑誌記事・研究論文を探す
 1冊の本になっていなくても、雑誌で特集を組んでいたり、研究論文が発表されていたりした場合は、その情報がいつ、どの雑誌に掲載されたかを調べることができます。
オンラインデータベース「MAGAZINEPLUS」を使う
「MAGAZINEPLUS」は雑誌・論文を検索するためのデータベースです。本館2階カウンターで利用することができます。
※検索方法は当館所蔵の本をOPACで探す場合と同様です。
  ⇒例えば、「オニ」と「語源」でand検索すると、以下のような記事を探すことができます。
「雑誌名」号数/出版社/版年/「記事タイトル」
「都市問題」2011年2月号/東京市政調査会/2011年/特集「オニの語源と諺」 
「MAGAZINEPLUS」では掲載記事の内容を閲覧することはできません。記事の内容は該当の雑誌をご覧下さい。戸田市立図書館に所蔵がない雑誌は、埼玉県内の図書館で所蔵があれば取寄せることは可能です。
なお、県内にも所蔵がない雑誌については取寄せができません。所蔵機関を調査することはできますが、その場合は直接、該当機関へご来館ください。
国立国会図書館の雑誌記事索引を使う
国立国会図書館の「雑誌記事索引」を使えば、国立国会図書館が作成した雑誌記事の検索をすることができます。

国立国会図書館「雑誌記事索引」

    アドレス

 http://opac.ndl.go.jp/Process

調べられること

国立国会図書館で作成した雑誌の記事検索ができる。

検索方法 「論題名」にキーワードを入力し「検索」を選択する。
ただし、国立国会図書館所蔵の雑誌は当館で取寄せることはできません。直接、来館の上、閲覧してください。
◎調べ方でわからないことがありましたら、本館2階レファレンスカウンターまでお尋ねください。

 

>>トップページ >>調べ方案内トップ>>調べ方案内の目次「言語」>>語源を調べるには