>>トップページ >>参考資料室トップ>>調べ方案内の目次「歴史・地理」>>中国人名を調べるには 

■中国人名を調べるには-曹丕を例に-■

作成者:戸田市立図書館/作成日:平成25年9月25日
特定の中国人を調べるとき、何を、どのように調べると、素早く情報を引き出せるかご存知ですか?
まずは、今わかる情報が何か、何をどの程度知りたいかによって、資料を使い分ける必要があります。 
そこで今回は、「曹丕」を例に中国人名の調べ方を紹介します。
目  次
1.図書館の資料で調べる方法
2.読み方を調べるには漢字の画数・部首から機械的な音読みから
3.掲載資料を調べるには

1.図書館の資料で調べる方法

戸田市立図書館で所蔵する資料を使う。
  《中国人名を調べるときに参考となる分類記号》
   
031 百科事典 210.0 日本史*1
222  東洋史  280 人名録
281.03  人名辞典  
*1:日本と関係がある中国人であれば「日本史辞典」などでも調べることができます。
※図書館の資料には、テーマを表わす分類記号がつけられ、この分類記号順に配架されます。
※上記の分類だけでなく、前後の数字を含めて分類の棚を探すことで目的の本を探せます。
  ●OPACで調べる
   
当館所蔵の本は、オンライン目録(OPAC)で探すことができます。
ホームページの「蔵書検索」で探す場合は、図書資料を探す画面から「一般書」にチェックを入れてから検索してください。 漢字表記と読み仮名(ひらがな)の両方で検索することができます。
キーワードは、「外国人名」「中国人名」「外国人物」「中国人物」「人名辞典」「東洋史」,
書名など。
 
このページのトップへ戻る
≪調べ方チャート≫
  今わかること・知りたいことをもとに、どの項目を見ればよいのかを紹介します。
今わかること    知りたいこと    どこを見る? 
読み方がわからない  読み方  →  2.読み方を調べる
読み方はわかる  →  何に載っているか  →  3.掲載資料を調べる

2.読み方を調べるには

ほとんどの「人名辞典」は読みがなで引きます。表記形(原綴・漢字)がわかる場合は、読みがなを調べることができます。
また、読みがなはわかるのに本に載っていない場合は、別の読み方があるのかも知れません。そんな時は、下記の資料で調べてみましょう。
漢字の画数・部首から調べる 
『外国人物レファレンス事典』古代-19世紀(日外アソシエーツ、1999)5巻:漢字名/R280.3-ガ-5
19世紀以前に活躍した外国人の内、漢字で表記される人物の読みがなを調べられます(1998年以前刊行分)。
漢字は原則として新字体に統一。巻頭「親字一覧」で該当ページを探すことができます。
人名見出しの親字の総画数順。同じ漢字内は2字目の総画数・部首順です。
※1999年~2009年に刊行された事典収録分については、『外国人物レファレンス事典』古代-19世紀・第Ⅱ期(3巻:漢字名)をご利用ください。 
<曹丕の読み方を調べる>
1  5巻「漢字名」を用意します。 
2  「曹」の総画数は11画なので、「親字一覧」11画の中から「曹」を探します。 
3  p.297「曹」を開き、2字目の「丕」の画数5画を参考に「曹丕」を探します。 
結果:p.297「曹丕」より、「そうひ」と読むことがわかります。
読み方のほか、時代、国、在位期間、姓名、親の名前、著作物などを調べられます。  
『大漢和辞典語彙索引』(大修館書店、1990)/R813.2-モ-14)
『大漢和辞典』12巻分の熟語の掲載巻とページ数を調べられます。※直接『大漢和辞典』で「曹」を引くこともできます。
五十音順。漢字の読みがわからない場合は「画引きによる語彙の頭文字音訓表」を使います。 
<曹丕の読み方を調べる>
1 「画引きによる語彙の頭文字音訓表」を開きます。 
2 「曹」の総画数は11画。11画の中は部首順なので、「曰」(4画)の中から「曹」を探します。→音訓表p.19「ソウ・ゾウ」と読むことがわかります。  
3  「丕」の総画数は5画。5画の中は部首順なので、「一」(1画)の中から「丕」を探します。→音訓表p.2「」と読むことがわかります。 
4  「語彙索引」(五十音順)で「ソウヒ」を開き、「曹丕」の掲載巻とページを調べます。→巻5p.983 
結果:『大漢和辞典』巻5p.893「曹丕」より、「サウヒ」と読むことがわかります。『大漢和辞典』は旧仮名遣いのため、「ソウヒ」と読むことがわかります。
読み方のほかに、時代、姓名、親の名前、年号などを調べられます。  
『中国文化史大事典』(大修館書店、2013)/R222.0-チ
中国伝統文化に関する8000項目。関連語約1400語は総索引で調べられます。
五十音順。同音・先頭漢字の画数が同じ場合は部首順。
漢字の字体は固有名詞などの特殊な場合を除き常用漢字。一部の例外あり。
巻末に、総索引(五十音順)、総画索引、ピンイン索引(中国語音のピンインのアルファベット順)があります。
※部首が分からない場合は、巻末「部首配列表」を参照。
〔総索引を使って調べる〕
1  「総索引」を用意します。 
2  「そ」の中から「曹丕」を探す。→p.1352「曹丕 756」 
結果:p.756「曹丕」より、「そうひ」と読むことがわかります。
読み方のほかに、生没年、時代、出身、姓名、親の名前、著作物などを調べられます。  
〔総画索引を使って調べる〕
1  「曹」の総画数と部首の画数を確認します。→「曹」の総画数は11画、部首は4画の「日」。 
2  「総画索引」を用意します。 
3  11画、部首4の中から「曹」を探します。 
4  「曹」の項目から、2字目「丕」の画数5画を頼りに「曹丕」を探します。→p.1417「曹丕 756」 
5  「総索引を使って調べる」結果に同じ。 
近藤春雄『中国学芸大事典』(大修館書店、1978)/R222.0-コ
中国の文学・思想など学術に関する人名・書名・事項について解説したものです。
見出し語は現代仮名遣い、五十音順。※同音の見出し語が複数ある場合は、漢字の字画順。
伝記の典拠は末尾にあります。
巻末に「総画索引」(字画順)があります。同画数内は部首順、同一の親字の中は見出し語の五十音順。
〔総索引を使った調べ方〕
1  「総索引」を開きます。 
2  「曹」の総画数と部首を確認します。→「曹」の総画数は11画、部首は4画「日」。 
3  「総索引」11画の中から4画「日」の見出し語「曹」を探します。 
4  「曹」の熟語から「そうひ」を探します。→p.983「曹丕 四六八」 
結果:p.468「曹丕」より、「そうひ」と読むことがわかります。 
読み方のほかに、生没年、出身国、姓名、経歴、親・兄弟の名前、著作物、参考文献などを調べられます。 
本館参考資料室にある資料は貸出できません。館内での閲覧のみとなります。
このページのトップへ戻る
機械的な音読みで調べる 
『中国人名事典-古代から現代まで-』(日外アソシエーツ、1993)/R282.2-チ
収録対称は中国大陸・台湾・香港・マカオの人々9,405人。
人名の読みがなは、日本式の音読みを平仮名、中国語音に基づく現地読みを片仮名で表記しています。
日本式音読みの五十音順。簡化文字を用いず、正字と新字体で描かれています。
<曹丕の読み方を調べる>
1  巻頭「収録人名一覧」で「そ」の中から「そうひ」を探します。→p.xxxvii「曹丕…p.357」。 
結果:p.357「曹丕」より、「そうひ」と読むことがわかります。
読み方のほかに、生没年と中国語音、経歴、親の名前、著作物などを調べられます。 
『大百科事典』28巻索引(平凡社、1935)/R031-ダ-28
索引内は漢字の五十音順、同音のものは画数順。
多くの首字は二か所以上にわかれているため、漢字の音読みは「首字索引」を使って調べられます。
「首字索引」は画数順で、その中は部首順。
<曹丕の読み方を調べる>
1 巻末「首字索引」で「曹」(11画)を探します。→p.5「曹」p.524 
2  p.524「ソー」を開き、「曹」(11画)の中から「曹丕」を探します。→15-442、6-268C、15-403H 
結果:15巻p.442「曹丕」より、「ソーヒ」と読むことがわかります。
読み方のほかに、生没年と経歴、姓名、親の名前などを調べられます。6巻p.268「ギ魏」、15巻p.403「ソーソー曹操」の項目にも、曹丕に関する記述があります。 
『アジア歴史事典』10巻索引(平凡社、1984)/R220.0-ア-10
索引には、漢字索引、カナ索引、ローマ字索引、系図索引があります。漢字の読み方がわからない時は「漢字索引」を使います。
漢字索引は、漢字を1音に統一して読み、第1字目の五十音順。
読み方は「首字画順一覧」(画数内は部首順)で確認します。 
主要項目に限らず、すべての記載項目を探すことができます。
<曹丕の読み方を調べる>
1 「首字画順一覧」で11画を開き「曹」を探します。※4画「曰」を目印に。→p.6「曹 そう 129」 
2  「漢字索引」p.129「そう」を開き「曹丕」を探す。→p.130「曹丕 5-367b、2-262b、-354a、3-181b、5-353b、8-196b、9-282a」 
結果:5巻p.367「曹・丕」より、「そうひ」と読むことがわかります。
読み方のほかに、ピンイン、生没年、在位期間、出身国、経歴、姓名、両親の名前、出典などを調べられます。8巻p.196「ぶんてい文帝(三国魏)Wen-ti」に詳しい情報が載っています。 
本館参考資料室にある資料は貸出できません。館内での閲覧のみとなります。
このページのトップへ戻る

3.掲載資料を調べるには

読みがながわかっていて、表記形(漢字)を知りたい時は下記の資料が便利です。
『外国人物レファレンス事典』古代-19世紀(日外アソシエーツ、1999)6・7巻:索引/R280.3-ガ-6・7
19世紀以前に活躍した外国人52,063人の欧文名、漢字名を調べられます。
本文の見出し・巻・ページ、簡単な人物説明あり。
読みがなの五十音順。
1999年~2009年に刊行された事典収録分については、『外国人物レファレンス事典』古代-19世紀・第Ⅱ期(日外アソシエーツ、2010)4巻:索引をご利用ください。なお20世紀の人物を調べるには、姉妹編『外国人物レファレンス事典』20世紀をご利用ください。
<曹丕の掲載資料を調べる> 
1  6巻索引〔ア-ツ〕を用意します。 
2 サ行の中から「ソウヒ」を探します。⇒p.700「そうひ(2・3世紀の中国三国魏の初代皇帝、文学者)→曹丕 ⑤297」  
3  5巻漢字名p.297「曹丕」下段を見ると、外国人名事典、広辞苑、世界皇帝人名辞典、ブリタニカ国際大百科事典 小項目、ブリタニカ国際大百科事典、コンサイス外国人名事典、世界大百科事典、世界人物事典、新潮世界文学辞典、日本大百科全書、大辞林、大日本百科事典、中国史人名事典、大百科事典、世界名著大事典に、「曹丕」の項目があることがわかります。  
掲載資料のほか、時代、出身国、経歴、在位期間、姓名、親の名前、著書がわかります。
本館参考資料室にある資料は貸出できません。館内での閲覧のみとなります。
このページのトップへ戻る
◎調べ方でわからないことがありましたら、本館2階レファレンスカウンターまでお尋ねください。

 

>>トップページ >>参考資料室トップ>>調べ方案内の目次「歴史・地理」>>中国人名を調べるには