>>トップページ >>一般書担当トップ

■一般書担当より■

「この本。」図書館の蔵書を紹介するコーナーです。
7/15
生きものの持ちかた
その道のプロに聞く

松橋利光/著

大和書房

480.4/マ
 犬や猫を正しく持てていますか?ペットのインコやハムスターなど「こう持つと教わった」という生きもの良いのですが、バッタやトカゲの持ち方を知っていますか?ザリガニやチョウチョは?
 これらの生き物を子供の頃に捕まえたことのある人は何となく持てるかもしれません。しかし経験のない人や苦手の人も多いと思います。先日とある男の子のお母さんが、「昆虫が苦手で触ったことがない。子供が好きなのだけど持ち方が分からない。」と話していました。
 夏は新たな生きものとの出会いもありそうです。持ったことがないから子供に教えられない、初めて触る種類だから分からない。そんな時にお勧めしたいのがこの本です。
 著者は動物カメラマンで色々な生きものと接してきているそうです。ここでは身近なカブトムシやトンボなどの昆虫から、ハリネズミなど珍しい生きものまでその様々な持ち方を紹介しています。中には「絶対に持ちたくない!」と思ってしまう生きものもいますが、本で見るだけなら苦手な人も大丈夫かもしれません。読んだら誰かに「この生きものの持ちかた知ってる?」と話したくなる1冊です。

これまでの「この本。」
2017年 1〜6月 7〜12月
2016年 1〜6月 7〜12月
2015年 1〜6月 7〜12月
2014年 1〜6月 7〜12月
文学賞受賞作品
過去の受賞作品はこちらからご覧ください。


>>トップページ >>一般書担当トップ