>>トップページ >>一般書担当トップ

■一般書担当より■

「この本。」図書館の蔵書を紹介するコーナーです。
9/15
幕末歴史散歩(東京篇)

一坂太郎/著

中央公論新社

210.58/イ
 今回紹介するのは、少し古い本ですが、新書版ですので携帯し、散策するにはベストサイズな本です。
 来年の平成30年は、明治維新から数えて150年の節目の年に当たります。筆者は、山口県の萩市において、博物館の学芸員などをする幕末維新史の歴史家として有名な方です。
 この本は、都内にある幕末維新史の舞台を追いながら、その歴史、史跡とエピソードなどを余すところなく紹介しています。
 また、歴史的な有名人のお墓なども紹介していますので、このお彼岸の時期に先人の偉業を確認し、手をあわせてみるのもいかがでしょうか。
  とにもかくにも東京は、戸田市から荒川を挟んで近距離にあります。気が向いた時に本を片手に散策するのも楽しいものです。
 都内の散策が終わったら・・・・姉妹シリーズで幕末歴史散歩(京阪神篇)もありますので、旅のお供にぜひ利用してください。おすすめです。

これまでの「この本。」
2017年 1〜6月 7〜12月
2016年 1〜6月 7〜12月
2015年 1〜6月 7〜12月
2014年 1〜6月 7〜12月
文学賞受賞作品
過去の受賞作品はこちらからご覧ください。


>>トップページ >>一般書担当トップ