>>トップページ >>ブックスタート事業 

■ブックスタート事業■

 ブックスタートイメージカット
赤ちゃんの体の成長にミルクが必要なように、赤ちゃんの心を育むためには、抱っこの暖かさの中で優しく語りかけてもらう時間が大切だと言われています。
ブックスタートは、「赤ちゃんと絵本を通して楽しい時間を分かち合うこと」を応援する運動です。
ブックスタート写真   ブックスタート写真
戸田市では2002年4月、県内でもいち早くブックスタートを開始しました。毎月、福祉保健センターの4か月児健診の会場で、図書館職員が1組ずつの親子に趣旨を説明し、絵本の読み聞かせを行い、絵本や参考資料を差し上げています。
担当者より 
平成30年度は「いないいないばあ」(松谷みよ子/文 瀬川康男/え 童心社)を配布しています。
あかちゃんといっしょにこの絵本を使って「いないいないばあ」をしてみましょう。日本の多くのあかちゃんに長く読みつがれている絵本です。

 

 

>>トップページ >>ブックスタート事業