>>トップページ >>活動報告 >>2016蔵書点検 
本館の蔵書点検報告

 

図書館本館では、平成28年9月12日(月)から9月17日(土)まで、蔵書点検を行いましたので報告します。

 

蔵書点検とは
図書館の資料は、所在が分からなくなると必要な場合に迅速な提供をするのが困難になります。そのため、定期的に資料の点検と整理をする必要があります。 
蔵書点検では、資料が正しい場所にあるか、紛失又は破損している資料がないかを職員及びスタッフ全員で総点検します。これは会社や商店の棚卸しにあたる業務です。 
作業の様子
蔵書点検作業(写真) 入力作業は、資料に貼ってあるバーコードラベルを一点ずつペン型の機械で読み取って行います。
 蔵書点検作業(写真) 1階開架閲覧室、2階参考資料室及び二層になっている地下書庫の資料を順次入力しました。
 蔵書点検パソコンへの伝送(写真) 入力したデータはパソコンに取り込み、在架資料データと照合することで所在不明資料を明らかにします。 
 蔵書点検作業(写真) 後半は、書架の清掃及び資料の整理整頓を行いました。

最後に入力漏れがないか確認して、すべての作業が終わりました。
その他
休館中は、施設の清掃、修繕及び点検も行いました。以下のとおりです。
 ・1階開架閲覧室ソファー及びテーブルの清掃
 ・2階参考資料室の机及び椅子の清掃
 ・建物の定期検査
 ・構内外灯の修繕
 ・大会議室、視聴覚室及び警備室のブラインド修繕
 ・浄化槽、自動ドア及び自家用電気工作物の点検
分室の蔵書点検
本館同様、以下の分室でも蔵書点検を行いました。
 ・下戸田分室 9月15日(木)〜9月16日(金)
 ・美笹分室  9月15日(木)〜9月16日(金)
 ・下戸田南分室  9月13日(火)〜9月14日(水)
  ※上戸田分館は10月3日(月)〜10月5日(水)実施予定


>>トップページ >>活動報告 >>2016蔵書点検