>>トップページ >>活動報告 >>しらべもの名人になろう 

■しらべもの名人になろう■

ステージ2

 

6月22日(日)、戸田市立図書館本館において、「しらべもの名人になろう・ステージ2」を開催しましたので報告いたします。

「しらべもの名人になろう」は、小学校4年生を対象に、図書館で調べものをするためのノウハウを学んでもらうものです。

3ステージで構成される前期は、図書館の本を使った調べものをするために、必要な基礎知識を学びます。そして、後半の3ステージで実際に調べものをします。

ステージ2では、 「魅力的なテーマの作り方」、「図書館で本を探す方法」を学びました。 
しらべもの名人になろうの様子(写真) この講座では、魅力的なテーマを作る過程で、百科事典を使った下調べをしたり、本を探すためのキーワードを手に入れたり、複数の要素を一度にこなすテーマづくりの方法を伝えます。

説明後は、「水族館にいる生き物」を例にして練習もしました。「イカの口はどこにある?」「一番大きなカニのツメはどれくらい?」など、子どもたちは次々と面白そうなテーマを作っていました。
図書館で本を探す際に、本の配列方法を知っていると、棚から本を探すのが楽になります。
講座ではそのしくみを学び、練習問題を解きました。

子どもたちは出題されたテーマの本がどの分類なのか、分類表とにらめっこしながら真剣に考えていました。
しらべもの名人になろうの様子(写真)
しらべもの名人らなろうの様子(写真) 分類を理解した後は、実際に児童コーナーへ出向き、棚から本を探す練習をしました。

また、この講座では、レファレンス・カウンターの使い方も学びました。図書館で本が探せずに困ったときはプロに相談することを習慣づけて欲しいからです。
こうしてステージ2では、子どもたちが図書館で調べものをする際に必要なことを学びました。子どもたちはまた一歩、しらべもの名人へと近づいていきました。

 

>>トップページ >>活動報告 >>しらべもの名人になろう