>>トップページ >>図書館の沿革 
■図書館の沿革■

 

昭和56年

3月 戸田市立図書館建設基金条例公布。
6月 中央公民館に視聴覚ライブラリー設置。
市議会で図書館建設の地質調査、設計委託料、用地購入費が可決。
12月 中央公民館に図書館設立準備室設置。

57年

2月 図書館・郷土博物館の建設工事着工。

58年

4月 戸田市立図書館設置及び管理条例施行。各公民館図書室が図書館分室に移行、運営。
7月 図書館・郷土博物館の建設工事完了。
8月 視聴覚ライブラリーが図書館に移管。
9月 戸田市立図書館協議会発足。
10月 郵政省から盲人用録音物発受施設の許可を得る。
11月 図書館(本館)開館。コンピュータシステム稼働(第1期)。古典講座開始。

59年

1月 映画会(1月)、ストーリーテリング講座、歴史講座(2月)、視聴覚機器技術講習会(3月)、おはなし玉手箱(お話会、4月)など定例行事開始。

60年

3月 朗読者養成講座開始。

61年

8月 福祉青少年会館内に下戸田南分室開室(8/10)。

62年

1月 戸田公園駅に返却ポストを設置。
4月 県南3市(川口、蕨、戸田)の広域利用の試行開始。
6月 CDの貸出開始。
7月 本館、分室間のコンピュータオンライン化。

63年

4月 県南5市(川口、草加、蕨、戸田、鳩ヶ谷)の広域利用の試行開始。
7月 コンピュータシステム更新(第2期)。
8月 開館5周年記念行事「子どもの1日図書館員」開催。
11月 開館5周年記念講演会「読書の楽しみ」開催。

平成元年

1月 絵本カルタ大会開始。
7月 文学講座開始。

3年

8月 利用者用端末機導入。

4年

11月 折り紙講座開始。

5年

4月 県南5市広域利用を試行から本実施へ。
7月 コンピュータシステム更新(第3期)。
8月 ビデオテープの貸出開始。在勤・在学者への視聴覚資料の貸出開始。貸出冊数・期間の改定(図書・雑誌5冊→6冊、視聴覚資料15日→8日)。
書誌検索用にCD−ROM(J−BISC、TRCD)を導入。J−BISC用端末機設置。

6年

2月 開館10周年記念として「戸田市立小・中学校児童生徒読書感想文集」刊行。
4月 複写サービス取扱要項制定。
12月 リサイクル図書コーナー設置。

7年

1月 旧浦和市との広域利用開始。広域利用者への視聴覚資料の貸出開始。
4月 資料収集方針、資料除籍基準制定。
5月 彩−BISC導入。
7月 J−BISC・彩−BISCの利用者・業務兼用の端末機設置。
8月 平和図書コーナー設置。除籍雑誌のリサイクルフェア実施。
9月 子どもの本の講座開始。
10月 小学校でのブックトーク開始。

8年

4月 連絡配本車(巡回車)の運行を委託化。
5月 戸田駅、北戸田駅に返却ポストを設置。
9月 利用者用端末機増設。
10月 貸出方法の見直しについてのアンケート実施。
11月 ととけっこの部屋開始。

9年

4月 雑誌最新号の一夜貸しを中止。

10年

4月 図書館資料の複写手数料の改定(図書資料30円→20円、マイクロフィルム資料50円→20円)。
新曽分室の廃止。
10月 本館の開館時間の延長(火曜日と木曜日、午後7時まで)の試行開始。
 11年 12月 コンピュータシステム更新(第4期)。

12年

9月 ホームページ開設。利用者用端末及びインターネットからの予約システム開始。
10月 祝日開館(本館)の試行開始。

13年

4月 本館の祝日開館、開館時間の延長(火曜日と木曜日、午後7時まで)を本格施行。
5月 さいたま市(浦和・与野・大宮市の合併による新市)との広域利用開始。
6月 J−BISC・彩−BISCの利用者・業務兼用の端末機廃止。
12月 ホームページのアドレス変更

14年

2月 さいたま市との広域利用の協定書調印。
本館視聴覚資料の分室での貸出返却開始。
4月 コイン式複写機の導入と複写料金の改訂(20円→10円)。
ブックスタート開始。
おはなしの部屋開始。
11月 本館調査研究室にパソコン専用席(14席)を設置。

15年

2月 図書館前庭地下調節池築造工事始まる。 
8月 郷土博物館との共催でコールデコット賞受賞絵本の展示会開催。

16年

2月 IT推進室による市民用インターネット端末を本館調査研究室に設置。
17年 6月 本館調査研究室のレイアウト変更。オーディオコーナー廃止。
10月 条例改正(休館日の改定により本館・分館とも開館日を増やす)
18年 1月 図書館資料へのICタグ貼り付け作業開始。
7月 新講座「図書館市民講座」・「レファレンス講座」開催。
10月 新電算システムの導入(第5期)及びICタグ対応自動貸出機、チェックゲートの設置。
19年 3月 蔵書検索携帯電話用サイト開設、予約資料のメール連絡開始。
5月 本館地階の図書資料にICタグ貼付。
6月 本館2階カラーコピー機導入及び複写サービス取扱要項の改正。
本館1階に図書資料用除菌ボックス設置。
7月 本館1階カウンター改修、相談カウンターを設置、カウンター内に保管していたCDを開架スペースの専用棚に移し、自動貸出機による貸出も開始。
視聴覚ライブラリーでのDVD映写機及びDVDソフトの貸出開始。
8月 本館1階螺旋階段下に扇形書架を設置。
11月 本館所蔵の雑誌にICタグ貼付し、自動貸出機による貸出を開始。
20年 5月 本館に自動貸出機2台増設。
7月 分室の図書資料にICタグを貼付したことにより、図書館全資料にICタグの貼付完了。
21年 3月 雑誌リサイクルフェア開催(3月・4月計2回)
3月 戸田市子どもの読書活動推進計画策定
4月 4分室の業務委託化(昼休み開室を開始)
9月 図書館・郷土博物館協議会発足
貸出冊数を変更
 (図書資料・視聴覚資料合わせて1人10点まで、15日間の貸出)
11月 団体に対する大型絵本の貸出開始
22年 6月 戸田公園駅前行政センター内に戸田公園駅前配本所開所
11月 音訳者養成講座開始
23年 3月 マイクロフィルムの廃止
4月 マタニティ向けブックスタート冊子を母子手帳発行時に配布
6月 本館の土曜日・日曜日・祝日の午前9時開館施行開始
「新しい絵本のリスト」を発行し、配本所内に設置
10月 川口市・鳩ヶ谷市合併により県南四市広域利用へ変更
 24年 4月 本館の土曜日・日曜日・祝日の午前9時開館本格実施
10月 図書館システム更新(第6期)
11月 本館カウンター業務委託開始
本館の平日午前9時開館試行
12月 本館1階開架スペースに「小さな便利スポット」を設置(小さい机4台)
25年  7月 開館時間
本館平日午前9時〜午後8時
分室午前9時〜午後6時を実施
戸田市立図書館において貸出利用登録のできる地域を拡大
(板橋区・北区・和光市・朝霞市)
8月 本館2階「パソコン電卓専用席」を「パソコン専用席」と「電卓使用可能席」へ変更
  10月 本館に防犯カメラ設置 
  11月 図書館開館30周年記念行事「みみずくとしょかんうぃーく」開催 
  12月 文教建設常任委員会クリスマスイベント開催 
 26年 3月  第2次戸田市子どもの読書活動推進計画策定 
  4月 「館長への手紙」実施 
  5月 開館30周年記念「作文・絵画コンクール」表彰式実施・記念誌発行 
  8月 「理想の図書館」アンケート実施 
  10月 読書案内コーナー設置 
  12月 図書館クリスマス開催(ビブリオバトル等)
27年 2月 貸出券更新制度開始 
  4月 館内BGM放送開始
  5月 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス開始
  生涯学習総合情報コーナー設置
  8月 上戸田分室閉室
  9月 上戸田分館開館
(指定管理による運営)4年7箇月
ICタグ対応自動貸出機、チェックゲートを設置
  11月 名作映画鑑賞会開催
  12月 図書館クリスマス開催(ビブリオバトル等)
 28年 3月 図書館ビジョン策定
  4月 戸田市子供読書手帳配布開始

 

>>トップページ >>図書館の沿革